遠藤潔の活動報告

第十八代 遠藤宗家 遠藤潔

徳川将軍家鉄砲百人組

2018年08月22日
遠藤宗家の先祖である「甲賀百人組」は、伏見籠城の功績をもって徳川将軍家から禄を受け、寛永年間に甲賀から江戸へ移住した。

鉄砲百人組は、徳川将軍家の親衛隊として若年寄支配下(設立当初は老中支配、寛政の改革後に若年寄支配)として、4名の組頭の下に同心100名が配置されていたことから、百人組と称された。組頭は概ね3,000石、役料700俵が与えられ、幕府の中でも特に重職であったため、譜代大名扱いの徳川将軍家直参御見目得旗本とされた。

4組とは、組頭が旗本譜代席の「甲賀組」と「根来組」、組頭が抱席の「二十五騎組」と「伊賀組」から編成されていた。天正13年(1585年)、徳川家康に仕えていた成瀬正成の下に根来衆50名が配されたのが後の百人組の原形とされる。根来衆は後に同心100名の根来組となり、家康公の関東入府〔天正18年(1590年)〕後、内藤新宿に配備され、四谷の正成の指揮下で甲州路の防衛に従事した。

根来組の次に古いとされるのが甲賀組は、関ヶ原の戦いで活躍した活躍した山岡景友が伏見城の戦いで戦死した甲賀衆の子弟から与力10騎と同心100名を配下とした。江戸幕府成立後は、青山甲賀屋敷から千駄ヶ谷に屋敷に移転した。現在の国立競技場である権田原に鉄砲場を拝領し、大手三門の一つである百人番所の警備を担当した。

伊賀組の編成は慶長6年(1601年)とされている。本能寺の変の際に、家康公の伊賀越えの際、道中を警護した伊賀忍者の子孫から構成された。伊賀同心が組頭の服部正成(二代服部半蔵、父の初代半蔵の保長は忍者)の組下に置かれたのは家康公の関東入府時だったとされる。

二十五騎組は、慶長7年(1602年)に内藤清成が与力25騎と同心100名を預けられ、組屋敷を内藤新宿及び大久保に設けたことを始まりとされていいる。このため、二十五騎組は別名「大久保組」とも呼ばれた。

鉄砲百人組の職務は、平時は江戸城大手三之門の番所(現存の「百人番所」)に詰め、各組交替で三之門の警衛を行った。徳川将軍が将軍家両山(上野寛永寺、芝増上寺)や日光東照宮の参詣の際、山門前警護を行った。


■ 遠藤宗家
第五十代 桓武天皇を祖としながらも皇室を離れ、臣籍降下により平姓を賜る。遠藤姓の始まりは、遠江守(とおとうみのかみ=遠江国の国司の長官)に就任した藤原氏から起こったとされる。家紋は左三つ巴紋であり、「巴(ともゑ)」の起りには、武具である弓を射る時に使う鞆(とも)を図案化したもので、鞆絵とされている。その後、水が渦巻いているのに似通っているため、巴の字を当てたとされる。そのため、防火のまじないとされ、平安期の末期ごろから鎧瓦(軒先に葺く瓦)、車輿、衣服の文様に用いられた。遠藤左太夫を始祖とする遠藤宗家(旗本)は、甲賀百人武士。徳川将軍家 直参御目見得。明治元年(1868年)の明治維新以降、華族令の制定により明治十七年(1884年)に士族となり、十五代当主遠藤榮(大正天皇 宮内庁 東宮侍従)を経、現在、十七代当主寛(弁護士)に至る。